インターネットの基本はドメイン取得から

main-img

インターネット上に掲載されている情報は全てサーバーに保存されているデータを閲覧している状態です。

VPSの情報を掲載しませんか。

この保存されたデータとドメインにDNS設定をして関連付けを施す事でサーバーでのデータがインターネット上で閲覧できるようになるのです。
そのためWEBコンテンツを何か作りたいという方はサーバーの他にドメイン取得が必要です。
サーバーは技術と知識と専用の機材があれば自分でも構築できますが、ドメインの場合専門業者に依頼しなくては取得できません。

ドメイン取得はまずレジストリと呼ばれている物にドメインを登録する事で使用できるようになります。このレジストリへの登録はレジストラと呼ばれている業者しか行う事が出来ず、ドメイン取得をする場合は必ずレジストラに申請を出す必要があります。


レジストラに直接申請する事でドメイン取得をする事もできますが、一般的にはドメイン取得代行業者に依頼してレジストラへの申請を取り次いでもらって申請する形になります。

NAVERまとめが一般的になってきました。

独自ドメインは必ず重複登録が不可能で自分が気に入ったドメインで登録できない場合もあるので、専門業者が提供している重複ドメインを確認するサイトで申請前に確認する事をお勧めします。



重複登録されていなくてもトップレベルドメインでは文字数も使える文字も制限されているので、申請を断られないためにも規定の文字数や文字を使ったドメインを申請してください。
なお一度取得したドメインは有効期限の更新を行わないと使えなくなってしまうので、登録した後もドメインが利用できる状態かどうかは毎年確認するようにしてください。

関連情報

subpage01

ドメインはホームページ等のWEBコンテンツを表示するために欠かす事のできない物です。サーバーにコンテンツを保存していてもドメインとサーバーをDNS設定で関連付けしなくては、インターネット上で自分のホームページが表示される事はないからです。...

more

科学関係の情報

subpage02

インターネットを閲覧しているとアドレス部分のwwwの後ろにドットで囲まれている文字列がありますが、これはドメインと呼ばれており全てのWEBコンテンツはサーバーとこのドメインをDNS設定で関連付けしてインターネット上でコンテンツとして閲覧できるようになります。サーバーの準備は自分でも専門的な技術や知識があればできますが、ドメイン取得は必ず専門業者に申請して取得する必要があります。...

more

科学の話

subpage03

インターネットに存在している全てのWEBサイトはサーバーに存在しているデータの場所をドメインが示す事で閲覧できる仕組みです。そのためWEBコンテンツを作りたい人は始めにドメイン取得とサーバーの準備をしましょう。...

more

科学が気になる方

subpage04

インターネットでホームページを掲載する時は一般的にレンタルサーバーの利用とドメイン取得のサポートを専門業者に行ってもらいますが、ドメインには規則もあるためそれを理解した上で取得する必要があります。ドメインはサーバー等をレンタルしている専門業者ではなく、ドメイン取得だけを専門に行っているレジストラに申請を出してレジストラがレジストリにドメインを登録して取得できるようになっています。...

more